転職先を探すとき、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけ…

転職なら、言うまでもなく仕事のやりがいアップと共に給料アップも…

  • 転職するなら、言うまでもなく仕事のやりがいアップも大切だけどそれにとどまらず年収のアップも大きなポイントですから「年収サイト」に登録していろいろと研究をしています。一緒の会社でそして全く一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの違いがある場合も数多くあって、ぶっちゃけた話面接で質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰だかそこそこは予想はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

    薬剤師|現在のあなたの勤め先や仕事の中身について不満の中・・

  • 今現在の自身の勤め先や仕事の中身について不服に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや能力を真摯に評価してもらえない」だから、「月給は上がらず、将来的な昇格も期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。でも、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分自身の本当の実力を「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが肝心です。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と無駄にブランク期間ができる可能性が高くなってしまいます。可能性も少なくありません。転職活動で成果をだすためには、あなた自身のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

    薬剤師|これからより一層単純作業は機械化によってその結果、労働力・・

  • 私たちの労働環境は、今後着実に単純な仕事は機械で済まされるようになりそれによってそういう仕事をする人手はどうしても減っていきます。なぜかというと、思考を必要としない作業という観点では人間より機械を稼働させたほうが数段に能力が高いからです。数をカウントするとか、同じ動きを延々と反復したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って文句は言わないし、疲れることもないし、不正行為をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、そして、「人件費」が発生しないのも違いですね。なので、人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械に移行していくのも当然といえます。

    薬剤師|転職活動をしていて面接のときに間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば給与に関する不満、上司とそりが合わないことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そして、この会社に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

    励んでいる転職活動で「自分は今までずっとこのような価値のあ…

  • がんばっている転職活動中に、「今までにこのような価値のあるの仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、手にした経験は、、、です」と自身の成功体験やセールスポイントを十分にアピールしなくちゃと考える人はよく見かけます。しかし、志願し再スタートを狙う職場で「可能ならこういったことをしたい」「私があげたような業務なら貢献したい」と未来形として自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。