転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ行ったときのことです。

転職時の採用面接に転職したい会社へ赴きました。

  • 転職の面接を受けるため希望先の会社へ行ったときのことです。社内の会議室が空いておらず外の場所で人事部の人と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。そのため電車内でも彼とずっとおしゃべりしながら帰宅することとなって、結果として打ち解けて面接より話が弾んで、それが功を奏したからなのか何事もなく採用を掴むことができました。

    転職をしようとするときに、まずは今勤務している会社を辞職した後…

  • 職を変える際に、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからといった方法もありますが、その場合にはボーナスをもらえる日について考えておきましょう。社員にボーナスを出す会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスの支給の日まで数か月しかないのなら、ボーナスを手に入れた後で退職するという方法も悪くないです。ボーナスは少々大きな額なので、絶対もらったほうが良いとはっきりと言うことができますから、この職場を辞めようと思ったらいつボーナスが入るのかを一度確かめておくと良いです。

    新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に神経を削ら…

  • 就職した会社で性格が合わない上司に悩まされ、最後にはやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同じフィールドの別の企業に転職しました。新しい会社では居心地よく仕事ができて本当に充実した毎日でしたが、徐々に会社の売上が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることになりました。そしてその経営統合した会社がなんと転職前に働いていた会社で、加えてとても嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職をしようと活動を開始するつもりです。

    薬剤師|2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら…

  • ちょっと前に転職したばかりであるにも関わらず、早期に退職してしまうケースが思いの外よく見受けられます。何故そうなるのかと思うとリフレッシュな気持ちで新しい仕事を手に入れたものの、「自分自身の期待していたものと堪えられほど違っていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」ということが理由で退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職に関しての失敗をしないためには、やはり、前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    「シフト制」の仕事に関する話です。

  • これはシフトの仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については前もって確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜けた人の代理として正社員として入ったのですが、そこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土日」にかならず出られる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い返してみるとよくやってこれたなと思います。