転職における面接に希望先の会社へ訪ねました。

転職のための採用面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職における採用面接に転職したい会社へ伺いました。たまたま会社の会議室や応接室が空いていないとのことで会社外で面接担当者と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散をし、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。なので電車内においても面接官と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰ることになり、そのためお互いリラックスして面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。

  • 転職活動を始めるときに、まず勤務中の会社を辞職して…

  • 新しい仕事を探すのに、とにかく今の会社を辞めてから転職しようと考える人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスのことを見積もっておきましょう。ボーナス支給がある企業はいくらでもありますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスの支給の時期まで長くないのなら、ボーナスをもらってから辞めるという方法もうまいやり方です。ボーナスってある程度多くもらえるはずなので、もらわないと損ということも断言することができますから、会社を辞める決意をしたならボーナスについての規定と支給日を確実に頭に入れておく方が良いです。

  • 薬剤師|勤めていた会社でパワハラを行う上司に悩みを持ち、とうと…

  • 働いていた会社で嫌な感じの上司の存在に心をすり減らし、その結果やる気がなくなってその会社を退職し、同業者の他の企業に職を変えました。そこでは上司が感じのいい人で本当に満足した毎日でしたが、緩やかに業績が落ち込み、とある会社に経営統合されることになりました。その統合した会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、しかも非常に嫌いだった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、本当に縁があります。当然新規の転職活動を始める予定です。

  • この前、転職したばかりであるにもかかわらず、すぐに退職を決意してしまう人が…

  • 3ヶ月まえに、転職したというのに、慣れもしないあいだに退職届を提出する人がなんとなく少なくないのです。何故そうかと思うと私見ですが自分に合った職場で勤務を始めてみたものの、「自分自身の想像していた職場環境と大きくかけ離れていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」というワケで退職してしまうのじゃあないかと思います。このような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、はやり転職先の情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内のルール、通勤にかかる時間、などあれこれ前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフトがある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を事前にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は以前出産のため抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私から交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思うと本当によくやってこれたなと思います。