転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、とても参考になります。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとたいへん勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社での見学に参加すると非常に参考になります。とりわけ、技術を必要とされる業種なら、腕を見るのが楽しめます。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、いつも通りの働き方を見せてはくれないものです。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社した後でないと、実際の姿は伺えません。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと決めつけないことがとても良いです。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから正直言って、「論外」です。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かあっても、それに対する保証など一切ありません。担当者から勧められてもていねいに断るほうが良いでしょう。
  • 薬剤師|就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接の時、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、年収300万の人が急に年収500万になるようなことはまず無理です。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、退職に追いやられる事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 薬剤師|派遣社員であっても、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を経験して感じました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、早く子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらいそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なめでしたが、ですが時間的な自由のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社してみると一緒に働く方たちは大多数が派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、すぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。
  • 薬剤師|転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とほぼ確実に訊かれるはずです。このとき、どれだけ正しい意見だと思っても、以前の職場の労働環境や人間関係についての内容などは、出来るだけするべきではないでしょう。もしも、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいかねません。面接時には前向きな発言が大事で、事実とは異なっていても、「新しい職場で、スキルを生かしながら、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のようなアピールの仕方が良い結果につながるのです。
  • 薬剤師|新たな仕事でこれまでの実力をフル活用できれば、即戦力として仕事をすることができ…

  • 新たな職場でこれまでに身に付けた能力を活かせられれば、即戦力として認識され、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。会社サイドも、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえ合致すれば、簡単に採用されるでしょう。更に今までの仕事内容と同業であれば、確率は十分にあります。但し、そこそこ能力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代や景気に左右されることなく相当な競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。