薬剤師|転職活動では、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。企業の大半は履歴書と職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、どうあってもこれらの書類の作成が大事といえます。ただ文字を書くことにとどまらず、記載内容が充実していることも必要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入しましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など具体的に記します。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、文章をチェックしてもらったりしてブランディングのために転職エージェントを頼ることよい転職をするための有益な方法です。

  • 転職の時に絶対に書く履歴書や職務経歴書などにおいては・・

  • 再就職しようとする際に絶対に準備する必要のある履歴書についてですが、ほとんどは手書きではなく、パソコンで作成するというのがほとんどです。今の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で作るのが普通だと捉えられていることもありますが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職の際は履歴書は必ず手書きでないといけないとまでは言うことはできません。手書きの方を良しとするところもあるようですが、そうではない企業がだんだん増えてきますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でもOKな会社はいくつもあるのです。

  • 転職というものをする場合、そこでの給料ばかりに気を取られる人が…

  • 転職というものをする場合、転職先となる職場における自分の給与について気にする人がとてもいるようです。大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費のために精を出すのでしょう。とうぜん年収がいくらかは自分の評価という見方もできるから、当然大切なのは至極当然です。でも、ひどく年収の額ばかりを執着しすぎるのも寂しい気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

  • 薬剤師|この話は従兄の話です。始めに在学中の就職活動でどうしても働きたか…

  • こうした話は従兄から聞いた話です。就職活動を始めて新卒時に絶対に入りたかった憧れの対象であるA社の最終面接で内定が得られず、その後嫌々ながら違う会社に就労しました。2年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していてたまたまA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐに退職して、A社に入って、派遣の業務を始めて、やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってそれから学生時代に憧れていたA社で正社員になることができ、今は仕事に誇りを持ちつついきいきと仕事しています。

  • 薬剤師|現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ問題が多いというのが現状です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとに質問をぶつけていきましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとします。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多いです。それでも食らいつくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。