薬剤師|転職を行うにあたって、やりがいを考慮することも大事だけ…

転職をするならば、当然仕事におけるやりがいのアップと一・・

  • 転職先を決めるのに、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず年収が増えることも重要なことなので「年収サイト」に登録して前もって調べています。全く同一の会社でしかも同一の職種、社歴なのに人によってずいぶんと幅があることも多数あって、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた者も誰だろうとある程度は予想がついてるんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

  • 薬剤師|今の自分の職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

  • 今現在の自身の職場や業務について不服に感じていることの中に、「自身の持っている能力(スキル)を真面目に評価してもらえない」さらには、「報酬のアップも、出世も出来ない」といった不満が割合的に多くを占めています。そんな不満を持つ人の中には、自身の能力を「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、中々就職先が決まらないと言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。ですから転職活動に当たっては自分のスキルや能力を客観視することが大切です。

  • 私たちの労働環境は、将来今以上に考えなくてもできる作業・・

  • 私たちの労働環境は、近い将来どんどん思考を必要としない作業は機械に変えられてその変化によって稼働人口はどうしても削減されます。なぜかというと思考を必要としない労働は人よりも機械でやったほうが圧倒的にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動きをずっと反復したりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って愚痴を言わないし、疲れることもないし、誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。さらに、報酬も発生しないのです。このような理由から、人を使う理由が到底無さすぎるため、機械に移行していくのも自然の流れなのです。

  • 転職活動をやっていると、面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、面接のときに高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。給与が納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 今励んでいる転職活動時、「自分はかつて、こういった価値のある・・

  • 今やっている転職活動中に、「かつて、このような価値のあるの仕事をしました」「過去の仕事によって、こういった技術を手に入れました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントを強調しようとする人は頻繁に目にします。でも、転職先の再スタートを狙う組織で「将来、こういったことをしたい」「これこれの内容の業務をするのならぜひ貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自己をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。