薬剤師|自分自身の好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

薬剤師|自分の好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意した方が良いです。

  • 自分自身の好き、を仕事にしたいと思っている方は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で、以前は、飲食店で勤務していた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が担当していた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しかったのですが、人間関係にすごく悩まされました。そのことが引き金となり、仕事をやめましたが、そのせいで、好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物すら嫌になってしまい、似たような飲食店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めた頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと夢見るのは本当に素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。

    再就職のための採用面接では、規模の小さい企業クラスの場合…

  • 再就職の際の採用面接では、小企業であれば、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、別の場合もあるようです。たとえば、今後仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、かいつまんで言えば課長・部長などの役職の人が面接をすることもあります。とくに営業系や事務系などのカテゴリでは、資格のみでは見極めが難しいので、堂々と自身をアピールしていくようにしたいものです。面接官から「この人はしっかり自己主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

    近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をする前にまだ期間があるのな・・

  • 今から転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが勤めている会社側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、必ずだれでももらえます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、働いている会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。このとき、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を軸に失業手当の支給する額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

    薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。ですが、仕事をしながら求人情報を見たり、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに消耗が激しいといえるでしょう。今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、もしも、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。

    在職期間中は、なるべく内密に、(私のときは)雇用中・・

  • 就労期間中は、できれば水面下で(自身の転職活動では)雇用中に転社したいという意思表示のみをはじめの時期に社内の人間に話したことがあります。とはいうものの、その顎、転職情報を必死に色々と探してみたものの、予想に反して転職する転職するタイミングも何一つ決まらずあっという間に時間を空費する結果に。そしてその一方で、社内では仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。