薬剤師|自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。

得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。これは、私の実体験になるのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが高じて、前に、飲食店(レストラン)に勤めていました。その飲食店での仕事内容は、そのお店で担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金となり、退職することにしたのですが、その結果、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、類似の店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の好き、を仕事にしたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。

薬剤師|転職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だった…

再就職のための面接では、中小企業であれば、概ね「人事」が面接担当になりますが、どこでもそうとは限りません。実際に今後仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、一言でいえば課長や部長などの管理職が面接場にいあわせることも決して少なくありません。とくに営業系や事務系の場合は、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいのできちんと自分自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当者たちから「この候補者はしっかり主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

年内中に転職予定がある人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは働いている会社側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。このときの、失業手当の金額は最後に働いた月の直近の給料を基準にして支給する額を計算されるので、企業に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。とはいっても、仕事を行いつつ求人をチェックし、さらに応募手続きをし、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも大変です。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はエージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していたとしても、応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておくべきです。

薬剤師|雇用中は極力周りの人間に気づかれないように、(私の転職活動で…

在職中には、できるだけ社内の人間にバレないように(自身の場合)在職期間中に「転業するかも」という考えを活動初期の段階で会社内で知らせたことがあります。でも、その後に転職情報を散々あれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に就職先や時期など、何も決まらずやみくもに時間を空費する結果に。そして当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を再度探しました。