薬剤師|派遣会社でのお仕事が決定しました。

派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣で働く会社が決定しました。就業1日目に派遣会社の営業の担当の方と会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、営業担当者がどういうわけか約束した店の前にいないから中にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみたところ、彼はなんと雑誌の所に座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて見ているのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて絶対に無理と判断し、挨拶もせず気付かれないように店内から出て直ちに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。
  • 薬剤師|転職をするために今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません…

  • 転職に先立ち現在働いている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの意志で退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職においては失業保険を即、受け取ることができません。手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークの担当者と口論していたのを以前見たことがあります。因みに自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのち直ちに失業保険を受け取ることができます。
  • 薬剤師|就職するため職探しをする際に気を付けるすべき求人の募集内容…

  • 就職のため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いというものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間、45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、はじめから給料に残業代を入れて計算しておくという仕組みになります。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」というワケです。でも、悪質な求人は、この『みなし』という言葉が可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。
  • 薬剤師|働く中で心的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況になったのなら、…

  • 仕事のせいで精神的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、そのときは、職場の人と相談する以上に自分の家族と相談し、その後の進退を判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは当事者であるあなた自身ではあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。毎月、どれだけ給料が良いからといって、メンタル面がダメージを負うほど仕事を続けることは好ましい状況とはいえません。現代は、金銭的なことよりも、仕事のしやすさを大事にしていく生き方も認められつつあります。ですから、あなたの身内とともに、あなたの心と体を大切にしていきましょう。
  • 薬剤師|今から転職活動を希望しているのなら、今いる仕事や業務…

  • そのうちでも転職することを考えているのなら、直近の仕事の何が気に入らないのかをリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らない点が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「しっかりといまの仕事や業務の不満点を列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事ができるでしょう。