薬剤師|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても次世代の社会的な変化が顕在化しつつあります。その余波を受け、民間企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が大きな社会問題になっています。将来的に「外国人労働者」の数を現状よりも増やしていく、と現政権は方針として掲げています。国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

  • 薬剤師|例えば、現職からの転業の決断したなら、徹底的に一緒に働く人に…

  • 万が一あなたが、転業の決断したのであれば、あくまで周囲にひそかにバレないように、活動を進め、現在の会社に所属している間は、あくまで同僚に気づかれないように平常通りに仕事をする方がもっとも利口です。その状態を保っておくと、希望通りの条件にあう働き先がすんなり見つからなくても、転身時期を延長しながら現在の職を続けてもトラブルがありません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。そして周囲に「辞めるつもりです」と言ってしまうと「あの人は転職する人」という位置付けになります。その後で転職したい思いが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りは「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするでしょう。

  • 薬剤師|転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている・・

  • 転職で、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意してほしい点が数点あります。なんとなく派遣社員の業務については、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事をぼんやりと考えてしまった方がおそらく多いかと思います。実は私自身もまさにそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、働き始めると、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を指示されました。的確に動けるわけもなく、当初の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に参っています。今はとにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • より安定した生活基盤を手に入れるべく「正社員」として働きたいと考えている人は…

  • 安定性を送りたいと正規社員になりたい人は少なくない、というのが現状です。ですが、頑張っていても、中々正社員のためのキャリアアップが叶えられないこともあります。非正社員の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人募集に執着しすぎて、時間を浪費している人が少なくないと言います。仮にあなたが、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員募集の企業のなかには、働き手の実力により、2,3年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから面接時にこうした可能性を訊いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

  • 薬剤師|派遣の会社に入っています。ウェブサイト内で何の気なしに…

  • 今、私は派遣で働いています。ウェブサイトで気の向くままに条件のよい仕事を見つけ確認してみると「そのお仕事はもう他の人の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にサイト内から仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日にそのページを見ると元通りに掲載されています。これは結局は私だとよくないのだって意味ですよね。そうであるならばカドが立たない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?