薬剤師|日本には昔から”石の上にも3年”という教えがあります。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

昔から「石の上にも三年」という教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。そうではあるものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職するつもりなら、時期を捉える必要があります。必ずや今現在の職場、仕事内容について具体的に、納得できない点を10個程度、リストアップしてみてください。其れによって転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、早めに良い職を手に入れられるように頑張っていきましょう。

薬剤師|転職活動を行う際の最後の難問として、今の仕事を辞めることがあります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決定したとしても、今いる企業が退職を慰留してくる可能性があります。もしそうなってしまったら、何としても退職する、という強い意志を貫くことが大事です。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきます。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と堂々と伝えましょう。円満退社を目指すのも就職活動において必要でしょう。

再就職の面接において会社側からクールビズで来てください…

再就職をする際の面接でクールビズでお越しくださいと記載されているケースもあるようです。しかし、なかには、クールビズの格好で面接するのは悪い印象を与えるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズについての迷いを懐に抱いている人たちにアドバイスしておきたいのは、クールビズで来るように言われた面接の際は書かれている内容をそのまま実行したほうが無難です。色々迷うことによってしまい、汗をかく季節にスーツをしっかりと着ると不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、クールビズで良いと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

薬剤師|転職期間では、自分の好きなことに打ち込むことに加え・・

転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力の向上を意識しておくと良いです。転職先が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に興じていたおかげで無意識のうちに集中力が高まります。加えて、体力アップしているために、他の社員と比較すると疲れにくいということを自ずと認識することができます。なので、自分の趣味に没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。再就職先が決まり、その職場にてあなたと同じ趣味の人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

自身のスキルを武器に再就職を考える場合に、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職・・

あなたが持つ現在のスキルを武器に再就職を検討しているなら、比較的、転職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」が代表例といえます。医療・介護の分野では看護師、介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事がきついからと他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。というわけで、簡単に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。