薬剤師|今と違った職場がいいと転職活動をしている場合、「1日でもはやく…

新しい職場の社員になりたいと転職希望者の人とは「ほんの少しでも早く…

  • 今と違った企業につきたいと転職希望者のとき、「少しでもはやく採用通知がものにしたい」といった気持ちが強くなってきます。しかしながら、そのために吉報を得たいあまり、自分をより大きく見せたり、反対に自分を過小評価するかのような言動はゼッタイに避けるべきです。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

    私が勤め口を探していたころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルに関しても多様でほぼ物足りない担当者ばかりでした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと真摯に向き合ってほしいという願いが募りました。それが発端となり私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。その資格を取得できるまでにはお金もいりましたし勉強においてもとてもハードですが、就活中の人に頼みの綱とされるような存在になるべく努力しています。

    求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場…

  • 求人についての広告には、とうぜん多くの企業では月の給料が記載されているはずです。ただしこの月収欄については、注意深く確認する事が欠かせないです。数字だけを見て判断しないほうが良いです。実は場合によっては、月収のなかに月20時間残業の場合が含まれているおそれもあります。残業代の金額をトータルすることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。また「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。そういうわけで、その手の「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

    再就職をするときにかなり要となるのが「面接」になります。

  • 転職をする場合、重要なのが「面接」になります。ふつうの面接では面接担当者が応募者に対して、転職理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。担当者から、「なにか弊社で働くことについて、質問しておきたいことはありませんか?」と。と聞かれた際に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こんな時の為に、面接の前には面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを考えておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

    再就職の面接でする腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイ・・

  • 転職をする際の面接のときに着用していく腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つようなものは避けたほうが悪い印象を与えません。目立つ腕時計と言うのはブランドの腕時計とか、反対にチープに見える腕時計に見えるとか、そういった目立つという意味であって真逆の目を惹くのだと頭に入れておいてください。再就職の面接のときにつけていく腕時計というのはポジションとしてはスーツやネクタイと同様に、面接するにふさわしい安全なものを選ぶのが良い印象を与えます。しかし、自身の歳に見合ったものであるということもとても大切なことで、新卒時に準備したものよりはわずかでも高いものにした方が好印象だと言えます。