薬剤師|「転職エージェント」で登録したあとに、頻繁に電話やメールをしてきます。

薬剤師|「転職エージェント」は、一度登録したら、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話・メールがしつこく掛かってきます。これについて何も知らずに利用しはじめた人は結構びっくりする場合が少なくありません。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だとされるので、とても積極的にアプローチしてきます。大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出たその日に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように心がけるようにしましょう。

  • 転職を考えているのならいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職の予定があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社したはじめの年は、試用期間が含まれることも多いものです。自身の場合、せっかく手に入った職場なのに、期待とは裏腹に前いた会社での稼ぎとほぼ同じでした。そして、仕事はかなりキツく、とても責任のあるもので、1年目をクリアするのに本当に苦労しました。そのような現実を踏まえると、1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、できるだけ転職する前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 将来に目を向け、期待をもって再就職ができれば、メンタル的に…

  • 楽しみつつ、転職と向き合うことで、精神的な重荷を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるはずです。おまけに精神的な部分が健全であれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。一番良いのは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが大事です。現在の仕事と並行しながら、次の職場を探すのが理想的です。おまけに、ブランクをつくらなければ退職後もすぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴の空白期間をなくせるため、今後に響きません。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先を見据えて、上手に転職活動を進めていきましょう。

  • 派遣社員として勤務しています。

  • 派遣というかたちで働いています。労働契約法の関連で残念なことに長く務めてきた就業先でのお仕事を終了しなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣先の企業から正規社員のポジションを手に入れた人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事の能力というよりは派遣先の上司へのごますりがうまい人でそれで採用された感じ。業務処理能力よりもおじさんを転がす能力の方が重要なのかなーと選考に漏れた他の派遣の同僚と勤務先で愚痴る毎日です。

  • 転職活動といえば、希望先転職先の会社企業というよ・・

  • 最短で転職したい場合は希望先転職先の会社企業というより、ある意味、「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接官に良い印象を与えるために、まずは普段通りを意識して平常心で対応しましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる向かうと緊張がとけるかもしれません。面接係員は第一にあなたの内面的な部分を判定してもらうので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイにやめましょう。そして常識的な社会人らしく清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。