未経験の業界などに転身したいと考えているときには、前の職場で、自分…

全く経験したことがない業界などに転身したいと考えているときに…

全く経験したことがない業種などに転業するときには、以前の仕事で養われた能力や経験値が生かせるというアピールが必要になります。勤務経験のない業種の場合、経験していない分だけその分野の経験者よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っているスキルがそこでも生きるということを相手に話すことができれば、勝負になることも十分にあります。そういった訳で、経験が全くない業界に挑戦するときには、その業種と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを可能な限り考えましょう。

薬剤師|これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(または業種・・

これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(もしくは業界)を見つけたら、きちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはまずその業界のマイナスにあたる箇所は、知ることができる確率は低いです。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索によってカンタンに瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そうした現実を知らずに入社すると、あとで痛い目にあいます。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」という場合がかなり多くあります。目に留まった業種について、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

薬剤師|「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載され案件の量も多くなるので、…

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるので、関心のある2,3の会社を、まずはウェブサイト登録しておき、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、あとは自動で案件の通知が入るようにすると、容易に情報収集を行うことが可能になります。しかし、初めだけは登録が多少面倒なのでサイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録する初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、初回の準備を怠らないことをお勧めします。

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。特許などを出すと電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、テレビで紹介された人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの匂いがする連絡があった際には、そうなったキッカケを思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンティング名目で登録料を取ろうとする会社があるのですが、その手の業者は高い確率で詐欺なので、気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

失業保険の給付に関して、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付については、求職活動をしているという証明が必要となります。そうはいっても、「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくは遊んでいたい」と考えるのが現実だと思います。なので、本当に就職活動しているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのはパスできませんが、求人票の閲覧は最低限やらなければいけません。心の中では探す意思がないときには、閲覧だけして(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人がありませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという手もあります。