昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

数日前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。

昨日新しい仕事を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。そこでカウンセリングの時に現れた担当者がどうも経験不足の社員のようで、私が説明している話の3割もその社員は理解ができていない模様。しかも「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」等、わかったように横柄にのたまうのでとてもイラつきました。カウンセリングを担当させるのはいくらか能力のある社員に、してほしいと思います。

薬剤師|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない・・

転職活動中は、どうしても、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。ですが、そんな風な生活に慣れてしまうのは危険です。人というのは、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、「精神的」も不健全な状態になるからです。そのうち、仕事をしようとする気力がなくなり、経済的に困ってしまいます。そうすると、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を始める為にダラけた姿勢は、意識して避けるようにしてください。

薬剤師|求人関連の情報を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ・・

求人を見る場合、例えば、事務系の仕事が希望だからと、製造業をチェックしていなかったりします。そのような人は、「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。現に、製造業であっても、経理、総務、人事といった従業員募集に加え、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部門もたくさん存在します。とはいえ、製造業の勤務場所はビジネス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。しかし、自身の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

薬剤師|転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思います…

転職活動を開始するとき、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトはとても有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の腹いせとしてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、実際には『クロ』で「このままではいけないと考え、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、その分トラブルが発生する可能性も高いと捉えておいて問題ないと思います。というか、良い会社だったら煙など立ちません。

薬剤師|新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職を決意しました。

新卒で入った会社を辞め、悩んだ結果、転職すると決意しました。退職したときは、非常に悩んだりもしました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自らの転職を通じて感じ自然と安心しました。転職を経験したことによりなにか肩の荷が下りる気持ちを実感し、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が充実したものになりました。なかには「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の場合は転職を決断して後悔はありません。