婚活イベントに参加してわかりましたが、婚活のためのパーティーに参加する際は…

婚活のためのパーティーに何回も参加してみて気づいたことです・・

  • 婚活でするパーティーに参加して気づいたことですが、婚活が目的のイベントに参加する場合は、露出の少ないファッションが良いです。婚活パーティーに参加し始めた当初は、脚を強調した短めのスカートや、胸元の広く開いた服、そして、背中の見える服などどのイベントのときも肌の露出が多めの服装を着ていました。その方が男性は意識してくれる、と想像してのことだったのですが、「その考えは間違っているよ」と仲の良い男友達に言われてしまいました。彼氏を探すのであれば、露出の多い服は男性からモテますが、男性の多くは、結婚相手を選ぶ際、清楚で清潔感のある女性を求めるので、露出の多めな格好はそれだけで対象外になりやすいのだそうです。その男友達の言葉を信じ、清潔感のある清楚風な衣装でイベントに出向いてみると、男性との会話も明らかによくなりました。

  • 婚活目的で行われるパーティーに出席したら、気になる相手とLINEの連絡先を交換・・

  • 結婚活動(婚活)目的で開催されるパーティーに出席すると、毎回でなくとも気になる相手から、LINEでの連絡先を伝えてもらう、といったことが起こり得ます。あなたが、そんな状況に遭遇したのなら、もったいぶらずにパーティーが終了したら、そのままメッセージでアピールしてみましょう。すぐにメッセージなんて、必死に見えて痛い人に映るかもしれない、なんて思ってはいませんか?しかし、婚活というのは、モジモジなんてしていると、舞い込んできたチャンスを逃してしまいます。LINEを交換しても、沈黙の時間がふえるほど、メッセージを送る気力も衰え、相手ともフェードアウトしてしまうこともあります。あなたがLINEですぐに連絡を取ることで、言葉がなくとも「私はあなたにとても関心がある」と伝えることが出来ます。あなたが人見知りでも「人見知りだから、やっぱり恥ずかしい」などと思う気持ちを抑え、婚活のチャンスを生かすべく、LINEで連絡してみてください。

  • 婚活パーティーと異なりお見合いの場合は衣装代もそれなりにかかります。

  • 男性と会うのが結婚活動パーティーと違ってお見合いは衣装のお金もかかります。その訳は、お見合いの場所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店などで行うことが多く、その場の雰囲気を考えるといいかげんな装いでは出掛けられないからです。それとは反対に会う所が婚活でやっているイベントであれば、デニムやスウェットとかも女の人らしく見た感じが下品に見えなければ差し障りないのですが、ホテルに出向くとなるとそういった訳にはいきません。安っぽくないワンピースや上品なスカート、それに合わせて靴においてもヒールになりますし、華やかさを増すアイテムであるアクセサリーもなくてはいけません。カバンにおいても小さめのハンドバッグ、など、普段カジュアル系を好む女の人であればクローゼットにないものばかりで困ります。お金をお見合いのお茶代は男性が持ってくれますが、女の方はある程度衣装代に関する出費については覚えておく必要があるでしょう。

  • 結婚活動(婚活)をする前から、結婚活動をするのであれ…

  • 婚活(結婚活動)をする前から、結婚活動(婚活)するには少なくともいくつか注意するべきポイントがあると考えていました。そしてまた、やみくもに行動するのも失敗を招きかねないのでしてはいけないことだと感じていました。何も考えずに行動に移してから失敗する事を考えれば事前に準備しておいた方が絶対に良いです。中でも意識して欲しいのは「恋愛したい相手に対し、少しでも疑うことを忘れない」です。相手を疑う、なんてものすごく聞こえは悪いかもしれませんが、現代の婚活事情においてはとても重要なことだと断言できます。特に、インターネットを通じた出会いの場合、疑うクセをつけておかないと騙されるおそれがあります。私は、この点を徹底していましたから、プロフィールなどを見て何か違和感を感じたら、即、連絡しないようにしました。実際に、詐欺被害にあっている人もいらっしゃいます。私の場合「興味ある人に対して、疑う勇気を持つ」を意識していたことで助かっています。疑う習慣をつけることで、結婚活動のトラブルも防いでくれると思いますし、ほかの方にも実践してもらいたいです。

  • 真面目に結婚活動していく気持ちがあるなら、アルコールには十分注意しましょう。

  • 真剣に婚活をしていくつもりであれば、お酒との付き合い方には注意が必要です。当然のことながら、お酒を口にしたとたん性格が豹変してしまうような方なんかは、婚活的に好ましい状況とはいえません。実際、飲んでないときは穏やかないい人なのにアルコールを飲むと横柄になったり態度が豹変する人もいます。最近だと、女性でも男性並みにアルコールを飲んだりするので、男性も女性も、お酒のせいで相手から引かれないように飲む量を考えておきましょう。しかし、あなたが、飲酒の趣味を捨てられないなら、自分と同じ、お酒好きのパートナーと親密になるか、反対に、結婚するためと腹をくくり、お酒をキレイサッパリ止めてしまうことも選択肢に入れてみるのはいかがでしょう?