薬剤師の転職

看護師という職業の人の違う職に転職する理由はその人それぞれではないでしょうか。

看護師の「転職しよう」と思う理由は人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職には「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって子育てそのうえに親の介護など、種々の変化によって今までと同じような働けなくなってしまった」「今の給与体系に不満がある」といったような悩みが抱えているのかもしれません。
薬剤師の転職

転職を成功させるためには、事前の情報を収集することをしておきましょう。

良い転職する先を見つけるためには、前に行動をしなくてはいけません。それには現在は会社の名前も知らないような中小零細企業にもかかわらずホームページで会社のことをわかる場合が当たり前になっているから、ネットを使って自分が気になる点を手に入れるとそれとわからない点などを解消しておくと転職に役立つはずです。
薬剤師の転職

薬剤師|転職活動では、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。

転職活動を行うにあたっては、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。会社の多くは履歴書と職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを判断するため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえるでしょう。ただ穴埋めするだけにとどまらず、記載内容が充実していることも大事です。
薬剤師の転職

転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動される人は多くなってきました。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。としても、転職の幅を広げたいのであれば、それに加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加することであなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それだけでなく、フェアに参加している企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。
薬剤師の転職

薬剤師|派遣会社でのお仕事が決定しました。

派遣でのお仕事が決まりました。就業の初日に営業担当の方と勤務先の近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、担当者がどうしたことか店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思って店内に入ってみたところ、担当者は驚くことに雑誌の所で座り込んでいやらしいグラビアのところを開いてみているではないですか。
薬剤師の転職

転職先を探すとき、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけ…

転職をするなら、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれだけでなく年収が上がることも大切なことなので「年収比較サイト」に登録して事前に調査をしています。一緒の会社でそして全く同じ職種、経歴であるのにずいぶん人によって違いがあることも多数あり、正直に言えば面接の際質問をしたことがあります。
薬剤師の転職

初挑戦となる業種などに転身したいと考えている場合に・・

全く経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合には、前職で身についたスキルや経験を発揮することができるという訴えが必要です。その分野の未経験者は経験していない分だけその分野の経験者よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っているスキルがその業界においても発揮できるということを相手に話せれば、勝負になる場合もあります。
薬剤師の転職

転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。たまたま会社で会議室が空いていないというわけで外部の場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。
薬剤師の転職

先週転職の準備をしようと人材バンクに登録に行きました。

この前仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の人が見た感じ20歳そこそこの社員のようで、こちら側が説明している話の3割もその社員はわかっていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みについて考える必要があります」とか、専門家のように偉そうに言うから大変不快でした。
薬剤師の転職

薬剤師|転職活動を進めるには、それなりの準備は必須です。

転職活動する場合、然るべき準備は必要不可欠です。なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は大事に感じてしまいます。しかし、最近の面接については、形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツでなくては、と考えて面接に赴く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、良い印象を持ってもらえます。