薬剤師の転職

転職先を探すとき、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけ…

転職をするなら、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれだけでなく年収が上がることも大切なことなので「年収比較サイト」に登録して事前に調査をしています。一緒の会社でそして全く同じ職種、経歴であるのにずいぶん人によって違いがあることも多数あり、正直に言えば面接の際質問をしたことがあります。
薬剤師の転職

初挑戦となる業種などに転身したいと考えている場合に・・

全く経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合には、前職で身についたスキルや経験を発揮することができるという訴えが必要です。その分野の未経験者は経験していない分だけその分野の経験者よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っているスキルがその業界においても発揮できるということを相手に話せれば、勝負になる場合もあります。
薬剤師の転職

転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。たまたま会社で会議室が空いていないというわけで外部の場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。
薬剤師の転職

先週転職の準備をしようと人材バンクに登録に行きました。

この前仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の人が見た感じ20歳そこそこの社員のようで、こちら側が説明している話の3割もその社員はわかっていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みについて考える必要があります」とか、専門家のように偉そうに言うから大変不快でした。
薬剤師の転職

薬剤師|転職活動を進めるには、それなりの準備は必須です。

転職活動する場合、然るべき準備は必要不可欠です。なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は大事に感じてしまいます。しかし、最近の面接については、形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツでなくては、と考えて面接に赴く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、良い印象を持ってもらえます。
薬剤師の転職

薬剤師|政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが・・

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業といった民間側からも今までとは違う変化が増加しつつあります。
薬剤師の転職

転職をしようと考えていてもあらゆることが順調に運ぶという保証はありません。

転職を目指そうとしても、万事順調にいくという確証はどこにもありません。可能であれば、どう転んでも転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに変えたほうが良いでしょう。普通は、20代のうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職活動全般は、だんだん厳しくなってしまいます。
薬剤師の転職

「転職エージェント」では、登録後、何度も電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職させることがその役割なので、大変積極的にかまえています。中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。
薬剤師の転職

薬剤師|自分自身の好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は要注意です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きでそれが高じて、前に、レストランで働いてもいました。その飲食店での業務は、その飲食店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。
薬剤師の転職

女性の転職については、セクハラが社会的に問題になる前と現在と…

女性の転職については、ここ最近と一昔前では若干の変化があるようです。以前は面接の際に会社側から、「結婚観」や「出産後の予定」などに関して、一般的なこととして質問されることがほとんどでした。しかし、今ではセクハラに該当する恐れがあるとして、聞かない企業、の方が増加傾向にあります。