薬剤師の転職

薬剤師|転職を行うにあたって、やりがいを考慮することも大事だけ…

転職先を考えるにあたって、もちろん仕事のやりがいのアップと共にそれに加えて手取りのアップも大事なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録して前もって調査をしています。同一の会社でそして全く同一の職種、社歴であるのにずいぶん人によって幅があることも多数あって、正直に言えば面接の際質問をしたことがあります。
薬剤師の転職

未経験の業界などに転身したいと考えているときには、前の職場で、自分…

これまで経験したことがない業種などに転業したいと思っている場合には、以前の会社で養われた能力や経験が生きるという内容の自己主張が必要です。勤務経験のない分野の場合、未経験の分その分野で働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自らの持っているスキルがその業界においても十分に生きるということを相手に言えば、勝負になることもあり得ます。
薬剤師の転職

転職における面接に希望先の会社へ訪ねました。

転職の面接に行きました。たまたまその会社の部屋がすべて他の客でつまっているということで外部の場所で面接をする方と待ち合わせをして面接をして、その場所で解散をし、面接をした方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と同じだったのです。
薬剤師の転職

昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

昨日転職先を見つけるために人材バンクに登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに現れた担当者が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、私が説明している話の3分の1も彼はわかっていないようでした。そのうえ「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが大切です」等、知ったかぶりに横柄に言うのですっごく不快でした。
薬剤師の転職

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。

転職活動にあたって然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える「ファッション」は重視してしまう部分だと思います。けれど、今の面接に関しては、私服が良い企業もあるので、「面接はスーツでなくては」と考えて赴く必要がない場合もあります。
薬剤師の転職

薬剤師|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策共々金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間では新たな明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化を受けたことで、企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が深刻な社会問題になっています。
薬剤師の転職

仮に転職するにも万事うまくいくという保証はどこにもありません。

仮に再就職しようとしても全てがスムーズに進行するという保証はありません。どうせするなら、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら若い間にできるだけ早く変えたほうが良いでしょう。平均としてみると、30代前半までは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になると転職そのものが難しくなるのが普通です。
薬剤師の転職

薬剤師|「転職エージェント」で登録したあとに、頻繁に電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。そのため初めて利用した人はとてもびっくりするケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だとされるので、とても積極的にかまえています。中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。
薬剤師の転職

薬剤師|自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

自分の好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、食べることが本当に大好きだったのですが、かつては、飲食の世界(レストラン)に勤めていた期間があります。そのお店での業務内容は、そのレストランで担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務でした。
薬剤師の転職

女性が再就職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とで…

女性の再就職において、数年前と今とで若干の違いがあるようです。かつては会社側から「結婚の予定」や「出産後の予定」などについて、当たり前のように質問されることが珍しくありませんでした。でも、今ではその手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、質問をしない会社が一般化しつつあります。